詐欺調査解決事例

結婚を約束した彼女と連絡がつかなくなり…

東京都 40代 男性(公務員)

半年ほど前に婚活パーティーを通じて出会った女性と交際を始めました。
私は積極的なほうではなく、そのような場所もはじめてだったため、右も左も分からずウロウロとしていました。
そのときに一人の女性に声をかけられ、その彼女もはじめての参加で、何とか声をかけようとしていたところ、同じようにしている私を見つけたのだと言っていました。
とても感じの良い人で、趣味も合ったことから話が弾み、彼女のほうから結婚を前提に付き合ってほしいと言われました。私もその気になってしまい、交際を始めることにしました。
それから付き合ってすぐに彼女の親が病気になり、手術をしないと助からないが、その手術費が高額で自分では払いきれず150万円貸してほしいと言われました。今考えればおかしいことなのですが、結婚しようと考えるほどの相手だったので何も疑わずに次の日に渡していました。
そのまま病院に行くと言って以来、連絡が取れなくなってしまい、詐欺だったのではないかと思い相談しました。

※プライバシー保護のため、ご相談内容を一部割愛しています。

調査結果

依頼主が知っていたのは、女性の氏名、電話番号、住所のみで、その情報を元に対象者である女性の居場所を探すことにしました。
さっそく、知らされていた住所を調べてみるとそこには住んでおらず、都内の別の場所に所在していることが判り、さらに既婚者で子供が2人いることも調査の中で判明しました。
調査の結果をご依頼者様に報告すると、かなり動揺されていました。
女性に渡した金額も少なくないため、その証拠を持ってこちらが紹介した弁護士に詐欺被害にあったことを伝え、女性の行った詐欺行為を認めさせ、全額返金に応じるよう依頼しました。
女性は行為を認め、分割ではありますが返金することを約束したそうです。

一覧へ戻る