1日の浮気調査の費用は?短期間でより効果的に浮気調査を行うコツも

「パートナーが浮気をしているかもしれない…」

そう思うと不安になり、一刻も早く真実を知りたいもの。

とはいえ、探偵に浮気調査を依頼すると費用が高額になるというイメージがありますよね。

そこで注目されているのが、たった「1日」で完了する浮気調査。

1日の依頼であれば、単純に調査期間が短くなるので、長期で依頼するよりも安く浮気調査ができます。

何より、1日で決着が着くので精神的な負担も軽くなります。

今回は、1日の浮気調査はいくらでできるのか、浮気調査を依頼するときのコツをご紹介します。

浮気調査の1日あたりの料金

結論からいうと、1日の調査費用は「10〜15万円」くらいが相場とされています。

少し割高に思えるかもしれませんが、探偵が尾行による浮気調査をするときは2〜3名で行うのが一般的です。

というのも調査する探偵が一人だと尾行中にバレる、見失うなどのリスクがあるからです。

他にも遠方での調査が必要になったときなどは、諸経費としてさらに費用がかかる場合もあります。

もちろん上記よりも安く請け負う事務所もありますが、極端な低価格には、調査員のレベルや人数・調査体制などの欠点がありトラブルに発展する危険性があるのでくれぐれも注意しましょう。

浮気調査の費用については、以下の記事で詳しく解説しています!

「浮気調査の費用相場と少しでも安く済ませるための方法」

1日だけ浮気調査を依頼する場合のメリットとデメリット

1日だけの浮気調査にはメリットもデメリットあります。

自分の知りたいことや目的のために、本当に1日だけの調査で十分なのか考えてみましょう。

メリット

調査費用をおさえられる

探偵事務所の多くが時間制(1時間単位)を採用しているため、調査期間が短いほどかかる費用は少なくなります。

「毎週金曜の19:00以降」のようにパートナーが密会している日時を把握していれば、たった1日の調査でも事実を知る可能性が高くなります。

デメリット

ちゃんと準備していないと失敗に終わる可能性あり

通常3日以上かけて行う浮気調査。これを1日で行うので、どうしても時間が限られてしまいます。

そのため、「浮気相手と何時にココで会う」など、確実な情報がないと証拠をつかめずに終わってしまう可能性も高くなってしまうのです。

慰謝料など裁判での証拠の価値が問われる可能性もある

結婚していて、慰謝料請求を視野に入れている場合は、確固たる証拠を掴む必要があります。

その証拠として成立させるには、ラブホテルの場合は2回以上、家の場合は3回以上の現場を押さえることが望ましいです。

1回きりだと不貞行為の証拠として弱く、慰謝料が低くなったり、そもそも不貞が成立せずに(言い逃れをされて)慰謝料請求が出来ない可能性もあります。

裁判に必要な証拠集めとして浮気調査を依頼するなら、数日間の調査を依頼したほうがいいでしょう。

1日だけの浮気調査の成功確率をあげるために…そろえておきたい情報2つ

たった1日だとしても調査にはお金がかかるし、失敗はしたくないですよね。

限られた時間で、効率的に結果を出すには、先にも触れましたが事前の情報収集が欠かせません。

少なくとも下記の2つの情報は集めておくと良いでしょう。

浮気相手と会う日、時間 空振りに終わらないよう、「たぶんこの日があやしい」ではなく、確実な日時が必要です。帰りが遅くなる曜日をチェックしておくなど、パートナーの行動を把握しておきましょう。
浮気相手の情報 浮気相手が誰か見当がついている場合、自宅や勤務先を調べておきましょう。これらの情報があれば、相手に慰謝料を請求するときにスムーズです。 ただし、浮気相手の家や敷地内への無断侵入は、住居不法侵入にあたるため注意が必要です。

上記の情報を集めるためには、クレジットカードの利用履歴やカーナビの履歴、交通系ICカードの履歴を確認することで、移動日時や場所の特定ができます。

さらに、車にGPS発信機を取り付けると通った場所をリアルタイムで知ることもできます。

一方で携帯やスマホを確認するときはくれぐれも注意してください。

なぜなら、たとえ夫婦であってもパートナーに無断でスマホのSNS(LINEなど)に不正にアクセスする行為は、「不正アクセス禁止法違反」に該当する可能性があるからです。

ほかにも、以下のような行為はプライバシーの侵害とみなされる可能性があります。

  • 未開封の郵便物を無断で開封する
  • パートナーのカバンや衣類にGPSや盗聴器を設置する
  • 無断で盗聴アプリをダウンロードした

まとめ

事前に情報収集など準備をしておけば、1日の調査でも事実がわかる可能性はあります。

それを元に、パートナーとの関係を見直すきっかけになるかもしれません。

もし、結婚していて慰謝料を請求する場合、1回の密会現場だと証拠として認められるかどうかは難しいところです。

決定的な証拠を集めたいなら、3〜5日以上依頼することを検討したほうがいいかもしれません。

まずは、無料で相談できる探偵事務所に問い合わせてみましょう。

関連記事

時間アイコンNovember .11.2020

浮気調査の探偵の選び方チェックリスト!信頼できる探偵事務所の見分け方とは

no-image

時間アイコンNovember .16.2020

証拠がほしい!探偵に浮気調査を依頼するときの費用と調査の確実性

no-image

時間アイコンNovember .16.2020

【サンプルあり】浮気調査の報告書について|精度の高い報告書の見極め方とは?

no-image

TOP