浮気の証拠集めの方法2つ!証拠集めをする際の注意点とは?

パートナーが浮気をしているかも…と思ったら、真実を確かめたくなりますよね。

そのためには、確たる『証拠』をつかむ必要があります。

具体的には、浮気現場の写真や会話を録音した音声データなど、高い証明力を持つものを指します。

これから、復縁するにしても慰謝料を請求するにしても、浮気の証拠は重要な役割を持つため、しっかりと証拠を集めることが大切です。

浮気の証拠集めの方法は自分で証拠集めをする方法と探偵に依頼して証拠を集める方法の2種類です。

状況に合った方法で証拠を手に入れましょう。

まずは知っておこう!証拠はどんなものを集めればいい?

証拠を集めてみたけれど裁判などで証拠として認められなかった…というケースも少なからず存在します。

骨折り損にならないためにも、狙いを定めて証拠を集めることが大切です。

前提として、証拠には証拠能力が高いものと低いものがあります。

証拠能力が高いものとは、例えば次のようなものです。

  • ラブホテルや自宅から出てきた写真・動画
  • 腕組みやキスをしている写真・動画
  • 不貞行為をしている写真・動画

このような証拠があれば、第三者からみても浮気をしていることが明らかですよね。

十分な慰謝料を受け取るには、当然高い証拠能力をもつものを集めるべきです。

こちらが、慰謝料請求や離婚裁判において証拠として認められるものと、証拠となりづらいものです。

証拠として認められるもの 証拠となりづらいもの
・探偵会社の調査報告書
・写真
・音声や録画データ
・クレジットカードの利用明細
・領収書
・電子カード(Suica)などの利用履歴
など
・改ざんされやすいもの(デジカメのデータ・メールのスクショ、手紙、日記など)
・GPS(浮気相手と一緒にいたという証拠にはなりづらい)
・違法行為によって集めたもの(盗聴・盗撮・窃盗)
・単なる事実(異性といつも出かけている) など

証拠能力の高いものを集めるには、探偵に依頼するのが賢明です。

なぜなら、自分で証拠を集めようとすると、知らないうちに違法な証拠集めをしてしまう危険性があるためです。

また、パートナーに気付かれずに自分で証拠を集めるのには限界があります。

日中は、仕事や家事、子育てなどで行動が制限されてしまう人も多いはず。

パートナーにずっと張り付いているのは無理がありますよね。

そのため、探偵に依頼した場合と比べて証拠能力の高い証拠を集めるのは難しくなってしまうのです。

探偵に依頼すると高額になるのでは? と気になる人も多いかもしれませんが、調査したい時間帯をあらかじめ調べておけば、費用を安く抑えることができます。

自分で証拠集めをするべきか、探偵に依頼するべきか、それぞれの方法について説明していきます。

自分で証拠集めをする方法と注意点

探偵に頼むのはハードルが高いので、まずは探偵に頼らずに自分で証拠集めをしたいと思う人も多いですよね。

ここからは、自分で証拠集めをする方法と、その注意点について説明します。

自分で証拠集めをする方法5つ

浮気の証拠を集める方法には以下のようなものがあります。

・カードの利用明細をチェックする
・車の走行履歴や車内の様子を確認する
・録音する
・撮影する
・尾行する

カードの利用明細をチェックする

カードの利用明細には、浮気相手と利用したホテルやレストランを利用した記録が残っているかもしれません。

郵便受けに届いた利用明細を確認するだけなので、パートナーにバレるリスクは低め。

バレるリスクは低いものの、利用明細は「親展」と書かれて送られてくるケースが多く、これは本人以外開封してはいけないという意味になります。

そのため、違法となることもあり、注意が必要です。

利用明細が郵送されていない場合は、パソコンを使ってカード会社のWebサイトで確認できます。

利用明細には、カードの利用日時や店名、金額が記載されています。

ただ、利用明細だけでは普段の領収書と見分けがつきにくいので、証拠能力が低いのが難点です。

証拠能力の高い証拠にするには、SNSのやり取りや写真など、不貞行為が推測できる別の証拠と組み合わせる必要があります。

車の走行履歴や車内の様子を確認する

車のGPS発信器やドライブレコーダーを確認すれば、走行履歴や車内の様子を知ることができます。

もしかすると、浮気相手とラブホテルに向かう記録や、車内で密会している様子が写っている可能性も。

不貞行為がわかる音声と映像があれば、証拠としても有力です。

かなりの高確率で浮気の実態がわかるでしょう。

しかも、今やドライブレコーダーは、車のトラブル防止のために欠かせないアイテムです。

取り付けるときも自然に提案でき、再生するときも怪しまれる心配はありません。

加えて、走行履歴からホテルに行った記録があれば、言い逃れできない証拠になるでしょう。

録音する

浮気相手との会話を録音したボイスレコーダーも証拠能力が高い証拠になる場合があります。

寝室や車に仕込み、そこにパートナーが浮気相手を連れ込めば、不貞行為の決定的な証拠につながる可能性も。

ただ、証拠能力が高いのは不貞行為の最中の音声などです。

不貞行為の音声の入手は難しく、運よく入手できたとしても単なる談笑だったら、決定的な証拠だとはいえません。

この方法でパートナーにバレるリスクは、中ぐらいです。

というのも、小型のボイスレコーダーは比較的見つかりにくいものですが、万が一見つかってしまったときに言い訳が難しくなってしまうからです。

また、自宅や自家用車以外の場所にボイスレコーダーを仕込むと、法に触れる恐れがあるのでご注意ください。

撮影する

スマホや小型カメラを使って、浮気の証拠をつかむ方法もあります。

寝室や車に仕込むことで、不貞行為の証拠を映像で残すことができるかもしれません。

映像や写真だけでは、それほど証拠能力は高くありませんが、ボイスレコーダーと組み合わせれば、有力な証拠になるケースもあります。

バレるリスクは、ボイスレコーダーと同じで、中ぐらいです。

見つかりにくいものではありますが、見つかったときのリスクは大きくなります。

尾行する

浮気相手とホテルに入る写真など、証拠能力の高い証拠が得られるのが尾行です。

変装用の服・カメラ・ビデオカメラ・ボイスレコーダーなどを用意しましょう。

動かぬ証拠を入手できる反面、バレるリスクはやや高めです。

既婚者でパートナーへの慰謝料請求を目的とし、正統な理由があって尾行する場合は、法に触れる可能性は低くなりますが、尾行しているのがバレてしまうと、警戒される恐れがあります。

一度警戒されてしまうと、証拠となりそうなものを消去したり、行動パターンを変えたりしてしまうため、今後の調査が難しくなってしまうのです。

証拠集めをする際の注意点

自分で証拠集めをすれば、お金をかけずに証拠をつかめるかもしれません。

ですが、証拠を集めたいがために、違法性の高い行動をとってしまう危険性があります。

例えば、スマホを勝手に覗いたり、カバンや財布の中身を見たり…こういった行動は、場合によっては、プライバシー保護法違反に当たる可能性があります。

また、浮気相手とのSNSのやり取りを見ようとして、パートナーのIDやパスワードを使ってログインすると、不正アクセス禁止法に抵触する恐れも。

逆に、パートナーに訴えられることになるかもしれません。

そうなると、浮気の慰謝料請求や離婚の話し合いがスムーズに進まなくなってしまう可能性もあります。

どこまでの行動が許されるのかは、専門的な知識がないと判断が難しいものです。

自分で証拠集めをするときは、リスクも知った上で注意して調査しましょう。

探偵に依頼して証拠集めをする方法

探偵に調査を依頼することに抵抗がある人も多いかもしれませんが、実は浮気の証拠をつかむ一番の近道であることも。

探偵に依頼した際の証拠集めの方法や注意点について解説します。

探偵の調査方法とは?

探偵に依頼するのを躊躇してしまう理由の1つが、実態がよくわからないということではないでしょうか。

実際は、地道で慎重さが求められる調査を行っています。

尾行や張り込みといった調査もその1つで、複数人で行います。

一般の方が尾行すると、ストーカー規制法や迷惑防止条例違反となる可能性がありますが、探偵は探偵行法に基づいて調査をするのでその心配はありません。

尾行・張り込み・聞き込みなどの浮気に関する調査は、探偵の業務として認められているのです。

そして、最終的に報告書にまとめられ、依頼主の元へ届けられます。

どのような報告書が届くかについては、「【サンプルあり】浮気調査の報告書について|精度の高い報告書の見極め方とは?」で解説しているので、参考にしてみてください。

探偵に依頼することで得られる証拠

探偵に依頼すれば、自分一人では入手しにくい証拠が得られる可能性が高くなります。

例えば、密室に2人きりでいることや親密さを示す証拠です。

ラブホテルや自宅から出てきた写真、腕組みやキスをしている写真は、対象者を尾行しなければ撮影するのは難しいです。

さらに、身内だと尾行をしているうちに本人にバレてしまう危険性もあります。

しかし、見ず知らずの探偵なら怪しまれずに証拠を手に入れることができます。

これらの証拠は不貞行為を立証する有力な証拠になるので、離婚や慰謝料請求を有利に進めるためにも役立つでしょう。

探偵選びのポイントと依頼する際の注意点

事務所選びで失敗しないためにも、以下の6つのポイントを押さえて、探偵事務所を選びましょう。

・「探偵業届出証明書」の表記がサイトにあるか
・具体的な見積りや調査のメリット・デメリットを説明してくれるか
・調査中の電話連絡は可能か
・調査報告書の受領時期は伝えられているか
・調査報告書の内容はしっかりしているか
・調査内容がしっかりしていそうか

上記に加えて、料金体系で事務所を選ぶというのも1つです。

探偵事務所には、「時間料金型」「パック料金型」「成果報酬型」の3種類の料金体系があります。

時間料金型は、「1時間あたりの料金×調査員の数×稼働時間」で決まる料金体系です。

調査が短時間で終われば安く済むため、ピンポイントで「パートナーは、この日のこの場所で浮気している」というような事前情報を多く入手できている人にオススメ。

パック料金型は、〇時間〇万円と決められている料金体系で、内容は事務所によって異なります。

この料金体系がオススメなのは、事前情報をあまり持っていない人です。

成果報酬や経費も含まれているので、調査が長引いてしまっても、追加費用がかからず安心して依頼できます。

成果報酬型は、調査が成功した場合に料金が発生するプランです。

事務所によっては着手金が必要な場合もありますが、成功しなければ料金が発生しないため、失敗の可能性が高い難しい調査に向いています。

パートナーが警戒していて調査の難易度が高い場合や、行動パターンが読めない場合などです。

詳しい料金体系や探偵事務所の選び方については、こちらの記事(「浮気調査の探偵の選び方チェックリスト!信頼できる探偵事務所の見分け方とは」)で紹介しているので参考にしてみてください。

浮気されていた場合の慰謝料はどれくらい?

浮気の証拠を探していくと、動かぬ証拠を見つけ、残念ながらパートナーの浮気が確実になってしまうこともあります。

パートナーに浮気をされると、腹が立ったりショックを受ける人がほとんどですよね。

その精神的苦痛に対して、慰謝料を請求することが認められています。

金額に幅はありますが、離婚するしないにかかわらず請求可能です。

浮気(離婚も別居もしない) 50~100万円
浮気が原因で別居 100~200万円
浮気が原因で離婚 200~300万円

「離婚はしたくないけれど、浮気を許せない」という場合もあるでしょう。

ここで慰謝料を区切りとしてやり直すのも1つの方法です。

ですが、どうしても許すことができず、離婚を選ばざるをえない人もいるでしょう。

浮気が原因で婚姻関係が破綻したと認められば、さらに高額な慰謝料を請求できます。

離婚まではいかなくても、別居に至った場合でも100万円以上です。

「とにかく早く離婚をしたい」という人もいると思いますが、これからの生活のことも考えると、お金があるに越したことはありませんよね。

繰り返しになりますが、十分な額の慰謝料を受け取るには、証拠能力の高い証拠を集めることが重要です。

まとめ

浮気の証拠集めの方法には、自分で集める方法と探偵に依頼して集める方法の2つの方法がありますが、確実なのは探偵に依頼する方法です。

離婚や慰謝料請求を有利に進めるためにも、確実な証拠を揃えるようにしましょう。

探偵に依頼する際に費用が気になる方も多いと思いますが、調査したい時間帯を事前に自分で調べたうえで探偵に依頼すれば、調査期間も短くなり、費用を抑えることができます。

費用や調査内容について気になる場合は、一度探偵に無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

時間アイコンNovember .11.2020

浮気調査の探偵の選び方チェックリスト!信頼できる探偵事務所の見分け方とは

no-image

時間アイコンNovember .16.2020

証拠がほしい!探偵に浮気調査を依頼するときの費用と調査の確実性

no-image

時間アイコンNovember .16.2020

【サンプルあり】浮気調査の報告書について|精度の高い報告書の見極め方とは?

no-image

TOP